施設向けクラウドサービス

湿度、温度、照度、人感(人の在否、離起床)をセンサリングデータとしてクラウド側に収集する。
主に介護施設やサービス付き高齢者向け住宅などに設置して、高齢者の居室の管理を行う。
熱中症予防、明るさの調節、起床や入眠確認等。

お客様 ベンチャー企業様
使用スキル Java、AWS、Spring、クラウドサービス、M2Mデバイス、各種センサ機材
作業工程 要件定義、設計、開発、 テスト、リリース予定
開発規模 約1~4名
業種
開発環境・言語